会長あいさつ

2016年03月31日

会長あいさつ


 住吉大社周辺地区HOPEゾーン協議会は平成12年12月に設立され、住吉の文化的、歴史的環境を最大限に活かすため「住吉の歴史と人が育む、四季に映えるまちなみ」をテーマとし、15年間、様々な活動を行ってまいりました。

 伝統的なまちなみや建物を活かす方法を学ぶための各種勉強会、住吉への思いを紹介する写真展、住吉らしいまちのしつらいを創出する寄せ植え講習会や季節の草花を植えるプランターの設置、昔ながらの文化・風習なども継承していきたいとの思いから子供たちを対象としたかるた大会などの活動で地域の方々が住吉の魅力に触れる機会としてまいりました。

 当協議会は平成28年3月末日を以て解散することになりますが、これからも住吉大社周辺がその魅力を失うことなく将来に引き継がれていくことを願っております。地域の皆々様のご支援とご指導に感謝をし、幕を降ろしたいと思います。誠にありがとうございました。